快適な二世帯住宅を実現した注文住宅(建築実例・間取り)

栃木県 T様邸ご両親+ご夫婦+お子様3人のお住まい

親は洋、子は和で暮らす、快適な完全二世帯の家。

ご両親が叶えたのは、
洋風スタイルの快適空間。

ご夫婦ともに仕事で忙しい毎日を送っているので、お子様たちを鍵っ子にしたくないという気持ちと、ご両親の老後のことを考えて二世帯住宅を検討したTさん。「ハウスメーカーを10社ほどまわりましたが、玄関や水まわりを分ける完全二世帯だと予算がどうしても膨らんでいきました。私たちが希望する予算の中で二世帯住宅が建てられると言ってくれたのがアルネットホームでした。

ご両親が暮らす1階は段差の少ないバリアフリー仕様にしました」また足や腰に負担をかけないダイニングテーブル、ソファー、ベッドで生活する洋風のライフスタイルに変化。「以前は畳に布団を敷く暮らしでしたが、今では生活がガラリと変わりました。身体へ負担もなくなったので本当に每日ラクです」とお父様。子供たちが学校から帰ってくるとご両親が家に居るのでさみしくありません。家族同士が支え合う、優しい完全二世帯住宅が実現しました。

「IHクッキングヒーターは火を使わないので安心。ガス代がかからないのも嬉しいです」とお母様。もちろん動線もスムーズです。

「布団と違ってベッドだと寝起きがラクです。断熱性が良いので暑さ寒さもなくなって每日が本当に快適ですよ」と嬉しそうなお母様。

完全二世帯として親世帯(左)、子世帯(右)にそれぞれ孤立した玄関を設置。お母様が待つ親世帯の玄関に子供達が帰ってくると「ただいま!」という元気な声が響きます。

子世帯は自然に包まれた、
開放的な和モダンスタイル。

2階に一歩足を踏み入れると広がるのは、1階の親世帯とは真逆の和モダンスタイル。「どうしても畳で過ごしたかった」というご主人のこだわりでリビングを畳で設えました。展示場を参考に勾配天井にすることで広さ以上の開放感が得られます。素材の温もりを感じる漆喰の塗り壁や無垢フローリングなど、展示場で気に入った自然素材もふんだんに採用しました。リビングとダイニングを緩やかに区切る竹格子が、空間をほどよく間仕切り、気配を感じながらも落ち着きを与えてくれます。

もともと大工の経験もあるご主人は住宅品質にもこだわり、基礎や構造を直接確認できる建築中の見学会にも参加。「完成してからではわからない家づくりの見えない部分までチェックできました」と施工品質にも十分納得されたご様子。一方、奥様がこだわったのは、家族の動きがわかり、全体を見渡せる開放的なキッチン。LDKはもちろん、大空間の子供部屋の両開き扉を開放すれば、キッチンで料理をしながらでも子供たちの様子が見えるので安心です。

1階の親世帯と2階の子世帯でまったく異なるテイストに仕上がった、快適に過ごせる住空間。「お互いのプライバシーやライフスタイルを守りながら『二世帯を楽しめる家』が完成しました。子供たちも両親も快適に暮らしているので家を建ててよかったです」と家づくりを振り返るご主人でした。

勾配天井で開放感あふれる子世帯の畳リビングは竹格子の演出もお洒落。縦スリット窓は空間のアクセントとなり室内の奥まで自然光を招きます。

2階全体を見渡せるオープンキッチン。リビング側の対面カウンターでは朝食をとったり、子供たちが宿題をしたりできます。

リビングのゾーニングに格子を使う提案があった時、珍しい竹のマテリアルを希望。斬新な和モダン空間の特別なアクセントになりました。

家づくり
インタビュー

家づくりインタビュー

二世帯でのご家族の幸せを見つめた
間取りのこだわりについて伺いました。

●子育てのことを考えたプランニングのポイントについて教えてください。

以前の賃貸マンションは手狭だったので子供たちの勉強机が置けないことが悩みでした。新居では3人それぞれに勉強するスペースを設けることができました。大きな子供部屋で遊んだり、学んだりして生き生きと育ってほしいですね。

●空間をスッキリ保つための収納の工夫やこだわりを教えてください。

各居室のクローゼットはもちろん、玄関収納、階段下収納など、随所に必要な収納を確保。必要な場所に大きな収納を設けることで、忙しくても片付けがずいぶんラクになりました。

●奥様がこだわった家事動線について実際の使い心地を教えてください。

キッチンを中心にぐるりと回れるように動線を便利な回遊にしました。働きながら家事をしているので家事効率も上がってとても助かっています。2階はバルコニーと室内干しで天気を気にせずに洗濯ができます。

●完全二世帯住宅のプランニングで特にこだわったポイントはありますか?

1階が親世帯で2階が子世帯だと、家族の人数も違うので2階が大きくなりがち。あまり2階が膨らまないように間取りを工夫しました。付かず、離れずのほどよい距離感が心地よい住みやすさですね。

1LDK+3LDK  /  1F面積:79.70㎡(24.10坪) /  2F面積:83.63㎡(25.29坪) /  延床面積:163.33㎡(49.40坪)

1LDK+3LDK
1F面積:79.70㎡(24.10坪)
2F面積:83.63㎡(25.29坪)
延床面積:163.33㎡(49.40坪)

もっと多くの建築実例集をご覧になりたい方は

その他 建築実例のご紹介