ちはるさんが、今考える理想の住まい

NEW!! 【LA VING幸手】”ガラスヒュージング”ワークショップ※予約優先

「住む」を考える

第三回

ちはるさんが、今考える理想の住まい ちはるさんが、今考える理想の住まい ちはるさんが、今考える理想の住まい

最初に家を建ててから、好みもライフスタイルも変化したというちはるさん。もう一度家を建てるなら、どんな家がよいか「理想の住まい」を伺いました。設計士・石橋将人の案内で見学したアルネットホームのモデルルームのなかにも、そのヒントがあったようです。

次に家を建てるなら、どんな家がいいですか? 次に家を建てるなら、どんな家がいいですか? 次に家を建てるなら、どんな家がいいですか?

ちはるさん - 今までの経験を踏まえると、10年先を見据えた住まいづくりをしたいですね。10年後っていったら、老後のことも考えないと(笑)。年を取った自分を考えると、和室が欲しいなって思う。あとは、やっぱり掃除がしやすい、手入れがしやすい家がいいな。
石橋 - 暮らしやすい家が一番ですね。
ちはるさん - パーツや素材にこだわりすぎず、「ラクに、快適に暮らせる家」がテーマかな。昔は味のあるものが好きだったけど、そういう素材は汚れが目立つし、掃除が大変。室内環境の大切さを学んだので建材選びの際にぜひ生かしたい! 家づくりの時って、こういう知識が増えるのも楽しいよね。
石橋 - 断熱材やサッシ、窓ガラスなどは、目には見えない効果があります。技術が進歩しているので、高性能かつ見た目も優れているものが多数ありますよ。ぜひ吟味してください。

モデルルームを見て参考になったところはありますか? モデルルームを見て参考になったところはありますか? モデルルームを見て参考になったところはありますか?

ちはるさん - 今回、アルネットホームさんのモデルルームを見せていただいて、特にキッチンの設備が気になりました。今の住まいでは、キッチンをはじめ、洗面室、浴室など水まわりに不便を感じているから参考になりましたね。
石橋 - 水まわりは毎日使う場所だけに、機能性は重視したいですよね。
ちはるさん - メンテナンスしやすい天然木の面材や作業中でも開閉しやすい扉・引き出しなど、使いやすい工夫が詰まっていますよね。
石橋 - 設計する際も、奥さまの立場での使い勝手のよさを追求しています。
ちはるさん - 今の家は、ちらかって見えないようにあえてクローズドタイプのキッチンにしました。最近はオープンタイプが主流なんですね。
石橋 - オープンタイプでも、収納を充実させるほか、作業台の前の立ち上がり部分を高くして手元だけ隠すだけでも大分すっきりした印象になりますよ。
ちはるさん - 今日見せていただいたモデルルームや石橋さんの自宅など、シンプルな家の魅力を再確認しました。見た目やデザインはもちろん、次に建てるなら機能にこだわったシンプルな住まいを目指します!

注文住宅のスタートは資料請求から。家づくりをサポートする様々なカタログを無料でお送り致します

注文住宅のスタートは、
資料請求から。
家づくりをサポートする様々な
カタログを無料でお送り致します

カタログ請求
カタログ請求
展示場一覧
展示場一覧
お問い合わせ
お問い合わせ