NEW!! 9/23本社臨時休業のお知らせ

住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

注文住宅と建売住宅はどちらがおすすめ?メリット・デメリットについて

念願の一戸建てマイホームの購入を決心するとき、注文住宅・建売住宅どちらにするか迷う方は多いのではないでしょうか。後悔しないために、注文住宅と建売住宅、双方のメリットとデメリットをしっかり把握した上で決める必要があります。
そこで今回は、注文住宅と建売住宅のどちらがおすすめなのか、それぞれのメリット・デメリットについて考えていきます。

■注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅のメリットとして最初に思い浮かぶのは、何といっても間取りや設備、内装・外装などを自分の好みに合わせて選択して、思い通りのマイホームができることです。
注文住宅は費用が高いと思われがちですが、こだわりたいところと、コストをかけないところをコントロールすることで、思いのほか費用を抑えることも可能です。また、建築する場所についても、土地とセットで販売される建売よりも、自由度が高くなります。

たとえば、住みたい街があったとしても、建売の場合はそこに気に入った物件がなければ諦めるしかありませんが、注文住宅なら土地さえあれば好みの住宅を建築することができるからです。
更に注文住宅は、契約してからの着工となるため、出来上がっていく工程を確認することで、お家の仕組みがわかり、自分の家にも強い愛着がわいてきます。

デメリットとしては、費用面を考えず実現したいことを全て行った場合、費用が高くなってしまうこと、お家の完成までに時間がかかること、打ち合わせや確認が複数回必要になることが挙げられます。
特に注意しなければいけない点は、図面を見慣れていない方が、間取りや外観をイメージしにくいことです。
図面で分かりにくい部分や、不明な点がある場合は、建築業者に必ず確認することを忘れないようにしてください。

■建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅の最大のメリットは、低コストで比較的品質の高い住宅を手に入れられるということです。
また、契約してから住み始めるまでの期間が短いというメリットもあります。
その他には、完成した物件をじかに見ることができることも多いため、その家に住んだときのイメージが掴みやすく、打ち合わせ等も少なく済むこともメリットであるといえます。

デメリットとしては、建てる場所や設計、仕様に関する自由度が低いという点が上げられます。
住みたい地域に、好みの設計・仕様の建売住宅を見つけることが難しい点が、大きなデメリットといえるでしょう。その他には、既に完成している建売住宅を購入する場合は、建築の過程や材料、工事方法などを確認することができないという欠点もあります。

■注文住宅と建売住宅 どのような人におすすめか?

双方にメリット・デメリットがありますが、具体的には、どのような人が注文住宅に向いていて、どのような人が建売住宅に向いているのでしょうか。
一般的な傾向は以下のようになります。

注文住宅がおすすめの場合

・住居に関して、明確なイメージを持っている
・キッチンや風呂、書斎やリビングなど、こだわりたい場所がある
・自分が所有している土地に建築したい
・自分達の将来のライフスタイルにあった住宅を建てたい
・着工から完成までの工程を確認しながら家づくりを愉しみたい

建売住宅がおすすめの場合

・住居に関して、明確なイメージはなく、一般的な住みやすさや快適さを求めている
・間取りや設備にこだわりがない
・予算的に制約があり、できるだけ低コストにしたい
・住む地域にこだわりがない
・打ち合わせにあまり時間を使いたくない
・できるだけ早く住み始めたい

住宅を選ぶときに、もっとも重要視したい項目というのは人それぞれ異なります。
何が大事なことかを自分の生活を振り返り、家族とよく相談してから購入されることをおすすめします。
皆さんが自分に適した住宅を購入できることを願っております。

お家づくりのスタートはカタログ請求から。 アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

お家づくりのスタートはカタログ請求から。
アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

建築実例をもっとみる