高気密・高断熱技術で省エネ基準を満たす注文住宅

アルネットホームが誇る先進の技術

アルネットホームが誇る
先進の技術

夏は涼しく、冬は暖かく。
「高気密・高断熱住宅」の秘密

夏は涼しく、
冬は暖かく。
「高気密・高断熱住宅」の秘密

枠
「高気密・高断熱住宅」とは、建物壁体に断熱材をすきまなく施し、室内の暖気や冷気のエネルギーを逃さない気密・断熱性に優れた住宅のことです。外気と直接触れる窓には、断熱性の高い高性能ガラスと樹脂サッシを採用。アルネットホームの注文住宅は、家族をいつも快適な気温で包み込む、やさしい仕掛けの住宅です。
アルネットホームの注文住宅は、断熱最高等級(断熱等性能等級4)、一次エネルギー消費量等級4、省エネ基準に対応しております。
※当社標準設備仕様を採用した場合
枠

エネルギーを逃がさない高気密・高断熱技術

トリプルガラス樹脂サッシ

世界トップクラスの断熱性能、高いデザイン性に優れている樹脂サッシです。
一般的なアルミサッシの約4倍の断熱性をもち、優れた断熱性能で住まいを高断熱化することで光熱費削減はもちろん、住まいの寒さ・暑さによる健康リスクを軽減し、快適な暮らしを実現します。

トリプルガラス樹脂サッシ トリプルガラス樹脂サッシ トリプルガラス樹脂サッシ
●トリプルガラス
●トリプルガラス
1.トリプルガラス
3枚のガラスを組み合わせて、2重の中空層を生み出した高断熱構造。1.3mmの特殊薄板ガラスにより軽量化を実現したスマートライト構造を採用。
●高性能ガス
●高性能ガス
2.高性能ガス
空気に較べて、熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。
●内外Low-Eガラス
●内外Low-Eガラス
3.内外Low-Eガラス
室内側と室外側にLow-Eガラスを採用。
●樹脂スペーサー
●樹脂スペーサー
4.樹脂スペーサー
ガラスエッジからの熱伝導率を抑えて、断熱性を高め、さらに結露抑制。
●樹脂サッシ
●樹脂サッシ
5.樹脂サッシ
アルミの約1000分の1の熱伝導率。

ペアガラス樹脂サッシ

ペアガラス樹脂サッシ
デザインや断熱性能に優れている樹脂サッシです。 2枚のLow-E複層ガラスの中空層に断熱性に優れたアルゴンガスを充填。ガラスの内側の金属コーティングにより、熱の伝わりを軽減。断熱性能に優れたサッシは、快適な室温、紫外線や結露の抑制、騒音カット、そして省エネルギーな暮らしを実現します。

アルミ樹脂複合サッシ

アルミ樹脂複合サッシ
次世代省エネルギー基準適合のアルミ樹脂複合サッシ。 耐水性・耐久性に優れたアルミ部分を外側に、内側には熱が伝わりづらい樹脂を使った複合構造サッシを使用することで、窓枠などの結露を予防します。優れた断熱機能で熱損失を軽減するため、大幅な冷暖房費の削減につながります。


ウレタン現場発泡断熱材

ウレタン現場発泡断熱材
現場発泡ウレタンフォームは高断熱・高気密の両性能を併せ持つ吹付け施工タイプの断熱材です。専用の樹脂を吹付けることにより無数の気泡となって発泡した柔らかいフォームが隅々まで充墳されます。素材自体の柔軟性と優れた自己接着力によって下地材に密着するので、建物の変形にもズレや剥がれがおきず、長年に亘り高い性能を保持します。

高性能グラスウール

高性能グラスウール
シックハウス症候群の原因の一つ、ホルムアルデヒドを含まないガラス繊維で作られた断熱材を採用しています。優れた断熱性能で冷暖房効率も良く、吸音性にも優れており、健康・安全・環境への配慮までも品質にした高性能なグラスウールです。

アルネットホームの住宅は、断熱性能に優れ、断熱最高等級(断熱等性能等級4)、 一次エネルギー消費量等級4、平成25年度 省エネ基準に対応しております。
(※当社標準設備仕様を採用した場合)

未来のための新しい省エネ基準に対応
未来のための新しい省エネ基準に対応
未来のための新しい
省エネ基準に対応
建物全体の省エネルギー性能をよりわかりやすく把握できる基準とするため、 「一次エネルギー消費量」を指標とした建物全体の省エネルギー性能を評価する基準に改正されました。 外皮(外壁や窓等)の断熱性能については、適切な温熱環境の確保などの観点から一定の水準が引き続き求められ、アルネットホームの注文住宅はどちらも標準で対応しております。

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)

ネット・ゼロ・
エネルギーハウス(ZEH)

一般的な住宅は、年間で約80ギガジュール(GJ)の一次エネルギーを消費します。 このエネルギー使用量を断熱性能と省エネ設備で出来る限り減らし、太陽光発電システムなどの創エネでエネルギーを生み、「0」にする。これがネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)です。
※ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)は、「ZEROの家」「CUBE STYLE ZEROの家」のみ標準仕様となります。(他商品はオプション対応)

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)の例

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)の例
当社の「ZEH」普及目標と実績

2020年基準の家「ZEH」をスタンダードへ
日本政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表しております。経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成に向けたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表。COP21(パリ協定)において、政府は新たに定めた「2030年度に2013年度比26%削減」するという公約により、住宅の省エネルギー化も重要な要素となります。

アルネットホームは、この政策目標とその達成にむけた「ZEHロードマップ」(経済産業省資源エネルギー庁)に基づき、自社が建築する住宅のうちZEH(Nearly ZEH ※を含む)が占める割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げ、これの実現に努めます。

当社のZEH普及目標と実績 当社のZEH普及目標と実績 当社のZEH普及目標と実績

※Nearly ZEH(ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) ZEHを見据えた先進住宅として、外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近づけた住宅

アルネットホームはハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2年連続優秀賞を受賞
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2年連続優秀賞 ZEHの基準に対応した住宅 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2年連続優秀賞 ZEHの基準に対応した住宅 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2年連続優秀賞 ZEHの基準に対応した住宅

注文住宅のスタートは資料請求から。家づくりをサポートする様々なカタログを無料でお送り致します

注文住宅のスタートは、
資料請求から。
家づくりをサポートする様々な
カタログを無料でお送り致します

カタログ請求
カタログ請求
展示場一覧
展示場一覧
お問い合わせ
お問い合わせ