北海道基準の断熱性能を誇る注文住宅

極暖の家極暖の家極暖の家

  • エコ
  • 高断熱
  • 高気密

北海道基準の家づくり

アルネットホームの「極暖の家」は、北海道基準の断熱性能を実現することで、
熱を外に逃がすことなく、「冬は暖かく・夏は涼しい」家づくり。
健康に優しく、豊かな暮らしを実現いたします。

アルネットホームの「極暖の家」は、北海道基準の断熱性能を実現することで、
熱を外に逃がすことなく、「冬は暖かく・夏は涼しい」家づくり。
健康に優しく、豊かな暮らしを実現いたします。

アルネットホームの「極暖の家」は、北海道基準の断熱性能を実現することで、熱を外に逃がすことなく、「冬は暖かく・夏は涼しい」家づくり。
健康に優しく、豊かな暮らしを実現いたします。

なぜ北海道基準の家がいいの?

国内最高レベルの断熱性能により、シャツ一枚で快適に暮らせる!

国内最高レベルの断熱性能により、
シャツ一枚で快適に暮らせる!

北海道の冬はマイナス10℃以下。冬の厳しい寒さを防ぐため、壁や天井には断熱材がたっぷりと使用され、高断熱・高気密となっています。室内は気密性が高く、暖房の熱が逃げにくいので、体感温度が上がり、厚着をする必要がありません。また夏も室内の涼しい空気が外に逃げないように、外の熱気が室内に入ってこない高断熱・高気密の家により、室内では年中シャツ一枚で快適に暮らせる家が「北海道基準の家」です。

「極暖の家」夜のイメージ

「極暖の家」夜のイメージ

「極暖の家」夜のイメージ

冬の厳しい寒さでも、家の中はポカポカ暖かく、シャツ一枚で快適に暮らせる家。

「極暖の家」断面図のイメージ「極暖の家」断面図のイメージ「極暖の家」断面図のイメージ

「極暖の家」断面図のイメージ

「極暖の家」断面図のイメージ

断熱材がたっぷり使われ、家全体の温度が一定に保てているから、吹き抜けのあるリビングや広いエントランスなど、オープンな間取りが可能です。

断熱性能に優れた断熱性能に優れた断熱性能に優れた

断熱性能の高い家断熱性能の低い家断熱性能の高い家断熱性能の低い家断熱性能の高い家断熱性能の低い家

冷えから起こる健康被害

本州では、寒い家の中で凍えながらこたつで暖を取ったり、自分がいる部屋だけを暖めようとする傾向がありますが、その環境では室内の温度差で「冷え」を感じます。「冷えは万病の元」という言葉があるように「冷え」は、身体に大変な負担をかけてしまいます。このような「冷え」と健康被害との関連性は証明されてきています。

出典:英国保健省年次報告書2010出典:英国保健省年次報告書2010出典:英国保健省年次報告書2010

豊かな暮らしを実現する 北海道基準の家豊かな暮らしを実現する 北海道基準の家豊かな暮らしを実現する
北海道基準の家

住まいの寒さ・暑さによる健康リスクをなくすためには、北海道並に断熱性能を向上させることが最短の道。
冬に暖かい家なら、朝の起床や寝室から廊下に出て身体が冷えることもなく、夏の暑い時期も夜中にエアコンが切れて寝苦しいといったこともなく、快適で活動的な暮らしを送ることができます。また家の中が一定温度を保つことで、暖冷房の使用を控えられ、部屋の空気もキレイになります。断熱性能を上げると、結果的に遮音性も高まり、騒音ストレスの軽減や睡眠の質の向上といった健康メリットにもつながります。

designimgdesignimg

このような理由から、
アルネットホームは、健康に優しく、豊かな暮らしを実現する北海道基準の家「極暖の家」を提案いたします。

TOPへ戻る

「極暖の家」の優れた技術

「逃げる熱の40%は窓から」と言われているように、高性能な住宅を建てる上で、窓は断熱・気密・遮音に最も弱い部分になります。「極暖の家」ではトリプルガラス樹脂サッシを標準で採用し、断熱材は魔法びん断熱で建物全体をしっかり包み込みます。

魔法びん断熱
魔法びん断熱
魔法びん断熱
11

アルミサッシの約4倍の断熱性トリプルガラス樹脂サッシ

単板ガラスアルミサッシと比べて、約4倍もの断熱性能。
内外2枚をLow-E ガラスで構成したトリプルガラスを採用し、
従来の樹脂窓に比べ、熱貫流率が約44%も向上しています。

トリプルガラス樹脂サッシトリプルガラス樹脂サッシトリプルガラス樹脂サッシ

トリプルガラス3枚のガラスを組み合わせた高断熱構造。

アルゴンガス空気に比べて熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。

ダブルLow-Eガラス室内側と室外側にLow-Eガラスを採用。

樹脂スペーサー熱を伝えにくくし、結露も抑制。

樹脂サッシアルミの約1000分の1の熱伝導率。

22

建物全体をしっかり包み込む高断熱・高気密魔法びん断熱

  • [屋根断熱]
    ウレタン材

    225mm

    [屋根断熱]ウレタン材225mm
  • [壁断熱]
    ウレタン材

    105mm

    [壁断熱]ウレタン材105mm
  • [床断熱]
    高性能グラスウール

    105mm

    [床断熱]高性能グラスウール105mm
  • [基礎玄関部]
    カネライトフォーム
    (断熱材)
    100mm

    [基礎玄関部]カネライトフォーム(断熱材)100mm

極暖の家は、北海道の省エネ基準を超えた断熱性能!極暖の家は、北海道の省エネ基準を超えた断熱性能!極暖の家は、北海道の省エネ基準を超えた断熱性能!

数値が小さいほど、建物から熱が逃げにくいことを表す「UA値」。アルネットホームの「極暖の家」はUA値:0.44W/㎡・Kを達成。これは、国が「断熱性が高い」と評価する「省エネ基準」の2倍以上。
ZEH基準値、そして、国内最高水準の「北海道の省エネ基準」を標準でクリアした断熱性能に非常に優れた住まいです。

省エネ基準(5・6地域)の約2倍省エネ基準(5・6地域)の約2倍
省エネ基準(5・6地域)の約2倍

関東地域の省エネ基準最高等級と比べて、約2倍の断熱性能。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準と比べても、約1.3倍の断熱性能を実現!

※5・6地域=東北・甲信越エリアを除く主に本州地域

耐震×制震の技術で家族の安全を守ります耐震×制震の技術で家族の安全を守ります耐震×制震の技術で家族の安全を守ります

従来の木造軸工法に「パネル工法」、「オール4寸角の構造材」を組み合わせ、耐震性能を高めるとともに、地震への備えを万全にするため、木造住宅に最も適した特性が得られる「制振装置」を装備。
地震力を吸収し、分散することで建物の倒壊、損傷を防ぐとともに、揺れによる家具の転倒等の危惧を低減し、家族の安全を守ります。

「極暖の家」は特別に4寸角の構造材を採用

4寸角の構造材を採用

4寸の構造材は、3.5寸よりも一辺あたり1.5cm大きく、断面積にすると3.5寸の約1.3倍もの太さ。太い構造材を用いることで、優れた強度を保ち、地震に強く、さらに丈夫な家にします。

 地震の揺れを1/2に軽減する、世界最高品質の制振装備evoltz(エヴォルツ)を装備

evoltz(エヴォルツ)を装備

※小さな振動から大きな揺れまで瞬時に効きます。
※パイリニア特性とは、揺れ始めの瞬間からエネルギーを吸収する躯体を傷めることのないように考えられた特性であり、特許を取得した木造住宅制振装置ではオンリーワンの技術です。

その他の構造・設備は、ロータス(LOTUS)と同じ仕様となります。
ロータス(LOTUS)の構造・設備仕様をご覧になりたい方はこちら

TOPへ戻る

「極暖の家」が叶える豊かな暮らし家の間取りが想いのまま

吹き抜けやオープンな間取りも想いのまま

吹き抜けやオープンな
間取りも想いのまま

北海道基準の断熱性能を持つ「極暖の家」は、家全体の温度が一定に保てることから、吹き抜けのあるLDKや広いエントランスなどオープンな間取りをとっても、冷えることなく快適な空間とすることが可能です。家族の気配を感じることが出来る空間づくりと少ないエネルギーで家中どこでも快適な暮らしができます。

極暖の家極暖の家
極暖の家極暖の家極暖の家極暖の家

書斎やお子様の勉強スペースも想いのまま

「極暖の家」は、家の中が快適な温度で保たれるため、多くの扉で区切る必要がありません。寝室のそばに書斎を設けてみたり、階段ホールやキッチンのそばに多目的なスタディースペースを設ければ、年中快適な室温の中で、時には家族のコミュニケーションを、時にはお互いの存在を感じながら、趣味や勉強スペースとして活躍してくれることでしょう。

極暖の家極暖の家
極暖の家極暖の家極暖の家極暖の家

オープンリビングも想いのまま

外とつながるオープンリビング。日中は大開口窓から太陽のあたたかい日が入り、ポカポカで気持ちのいい空間です。「極暖の家」の高断熱仕様なら、暖かい自然光の温度が室内にとどまり、エアコンの力に頼ることも少なくなります。リビングから続くアウトドアリビングは、休日のブランチや家族のくつろぎ・コミュニケーションの場所に最適です。

極暖の家極暖の家
極暖の家極暖の家

このように、「極暖の家」は、家族の居心地を考えた空間設計が可能です

このように、「極暖の家」は、家族の居心地を考えた空間設計が可能です

このように、「極暖の家」は、家族の居心地を考えた空間設計が可能です

TOPへ戻る

「極暖の家」が叶える豊かな暮らし出費の軽減

断熱性能を高めることで、冷暖房費が抑えられます断熱性能を高めることで、
冷暖房費が抑えられます

冬の場合

冬は断熱性の高い窓で、暖房の熱を逃がすのを防ぎ、太陽の光を上手に取り入れながら、小さなエネルギーで暮らすことで、暖房費を抑え、結露の発生も抑えることが可能です。

冬の場合冬の場合冬の場合

夏の場合

夏の太陽の光は、軒やひさしで熱を遮る工夫と遮断性の高い窓でしっかり熱の侵入を抑えます。さらに心地よい自然の風が通るように工夫し、環境に優しく、冷房費を抑えることが可能です。

夏の場合夏の場合夏の場合

極暖の家は、断熱レベルの違いで、光熱費がこれだけ違います!極暖の家は、断熱レベルの違いで、光熱費がこれだけ違います!極暖の家は、断熱レベルの違いで、光熱費がこれだけ違います!

年間光熱費の比較

H4年の省エネ基準と比べると、年間光熱費が約50%削減でき、光熱費は年間15.2万円もの差が! 断熱レベルの違いで光熱費を比べると、長く住むほど大きな差になって表れます。H25年基準と比べると35年後には単純計算で約350 万円もの差となり、子供の教育費や住宅ローンの返済などライフプランに大きく影響してきます。

年間光熱費の比較の図
年間光熱費の比較の図年間光熱費の比較の図

※年間光熱費につきましては、モデルプランを使用した代表地域におけるシミュレーション結果に基づくものであり、実際の住宅性能を保証しているものではありません。

断熱性能を高めることで、医療費の負担が抑えられます断熱性能を高めることで、
医療費の負担が抑えられます

日本建築学会が2011年に発表した論文の調査によると、断熱性の高い家で暮らした場合の医療費は、1人あたり年間9,000円ほど低減できるということが示されております。
3人家族とすると、家族全員で年間2万7,000円、30年間で81万円もの医療費が軽減できる計算となります。
健康に暮らせて、医療費も軽減できるメリットは、何よりも大きいのではないでしょうか。参考:2011年8月 日本建築学会環境論文集

designimgdesignimg

このように、「極限の家」は、年間光熱費・医療費を減らすことが可能ですこのように、「極限の家」は、年間光熱費・医療費を減らすことが可能ですこのように、「極限の家」は、年間光熱費・医療費を減らすことが可能です

TOPへ戻る

「極暖の家」が叶える豊かな暮らし健康で安心の暮らし

暖かい家に住むと、なぜ健康が改善できるの?

暖かい家に住むと、
なぜ健康が改善できるの?

2002年以降に約3万5千人を対象に数年間行われた健康調査結果では、せきやのどの痛み、手足の冷えなどに限らず、アトピー性皮膚炎など肌の悩みについても高断熱高気密住宅への引っ越しで改善が見られており、注目すべきポイントです。

断熱性能の向上による疫病の改善効果断熱性能の向上による疫病の改善効果
極暖の家極暖の家

室温と体感温度は違うの?

暖房によって同じ室温の場合でも、断熱性に優れた家の方がより暖かく感じ、より快適に過ごすことができます。その理由は、体感温度は、室温と壁や天井面や床の表面温度の平均値に近いといわれています。

断熱性能が高いほど、体感温度があがる!断熱性能が高いほど、体感温度があがる!

「極暖の家」は、優れた断熱構造により、室温と壁表面の温度差を少なく、室温と近い体感温度に保ちます。

極暖の家極暖の家

このように、「極暖の家」は、冷えから身体を守り、健康で活動的な暮らしを実現しますこのように、「極暖の家」は、冷えから身体を守り、健康で活動的な暮らしを実現しますこのように、「極暖の家」は、冷えから身体を守り、健康で活動的な暮らしを実現します

TOPへ戻る

さらに詳しく

極暖の家カタログ

さらに詳しい情報を掲載した
「極暖の家」商品カタログ
をご用意しております。

注文住宅のスタートは資料請求から。家づくりをサポートする様々なカタログを無料でお送り致します

注文住宅のスタートは、
資料請求から。
家づくりをサポートする様々な
カタログを無料でお送り致します

カタログ請求
カタログ請求
展示場一覧
展示場一覧
お問い合わせ
お問い合わせ