耐震・制振技術が適える地震に強い注文住宅

アルネットホームが誇る先進の技術

アルネットホームが誇る
先進の技術

標準仕様で耐震性能が最高等級(耐震等級3)

枠
東日本大震災以降、地震の回数も増え、政府の地震調査委員会は、今後30年間に70%の確率でマグニチュード7級の南関東地震が起こる可能性を発表しております。今後の地震に備え、揺れに耐える耐震技術はもちろん、一歩進んで揺れを吸収して建物を守る制振技術も兼ね備えることが、さらなる安全・安心につながるとアルネットホームは考えます。
アルネットホームの注文住宅は、標準仕様で耐震性能が最高等級(耐震等級3)となります。
※階数・プランにより条件が異なる場合があります。
※「CLOLO」商品の耐震等級は異なります。
枠

地震に備えた耐震・制振技術

地震に備えた耐震・制振技術

地震に備えた
耐震・制振技術

制振ダンパー

地震のエネルギーを吸収し、建物の揺れを大幅に抑え、倒壊や損傷から守る制振ダンパー。
アルネットホームの制振ダンパーは、小さな揺れから効力を発揮し、大きな揺れまで瞬時に吸収する「バイリニア特性」を持った高性能制振ダンパーevoltz(エヴォルツ)を採用しております。

※バイリニア特性とは、揺れ始めの瞬間からエネルギーを吸収する躯体を傷めることのないように考えられた特性であり、特許を取得した木造住宅用制振装置ではオンリーワンの技術です。

(エヴォルツ)

世界有数の自動車メーカーがトップモデルとして選択するショックアブソーバー・サスペンションメーカーBILSTEIN(ビルシュタイン)社が製造し、世界レベルの高性能、高品質を実現します。
evoltz_img evoltz_graph

世界品質のハイクオリティ、制振性能を飛躍的に向上

evoltz_spring
1.ブラケット【高強度・高張力鋼(ハイテン)】

自動車技術と共に進化した軽量・高強度の材料を採用、穴の向き、径を高精度化することで揺れの伝達効率を上げています。

2.ガス室

不活性の高圧ガスを封入することで、作動が安定し、耐久性能は飛躍的に向上。「ド・カルボン式」と呼ばれ、世界で初めて実用化したのがビルシュタイン社。

3.フリーピストン

4.オイル

オイルは経年劣化させないため、外気に一切触れない構造となっています。

5.オイル室

大容量の油量(Ф46mm大口径)
油圧式制振装置は振動を熱エネルギーに変える熱交換機。油量が多いと発熱しても油脂の温度上昇(変化)は小さく抑えられ、油脂やオイルシールの劣化を防ぎます。

6.ピストン

特殊形状のピストンを採用し、制振性能に最適なバイリニア特性の減衰力を発生します。

7.オイルシール

油圧式制振装置はオイル漏れが命とりになります。多くの油圧式制振装置は自動車の技術が応用されています。しかし、住宅用の制振装置においてはメンテナンスフリーが必要不可欠なため、宇宙開発技術を応用したテフロン製特殊構造オイルシールを採用しています。

8.空気室

空気室を設けることにより、フルストロークしても異物・傷がオイルシールに達しないような工夫が施されています。

9.シャフト

揺れ(衝撃)の際にシャフトが伸び縮みして減衰力を発揮します。万が一、シャフトに塵やゴミが付着してもキャップ部分に配置されたスクレーパー(ワイパー)で拭き取られて内部に異物が侵入しない構造となっています。
evoltz_spring

10.ビス

文化財の改修工事にも使用される、特殊素材のビスを改良。衝撃から耐えるためにより強く、そして確実に施工性を上げるため下穴無しで容易にねじ込め、木割れの生じない仕様となっています。

ベタ基礎・基礎コーナーハンチ・土台

・地震の力を効果的に面で地盤に逃がす
・地中からの湿気を防ぐ
家づくりの基本となる基礎には、地震に強いベタ基礎を採用。コンクリート面全体で建物を支えるため地震や台風の衝撃を効果的に分散することができ、地盤が不揃いに沈下する不同沈下現象も予防します。また、繰り返す余震により負担が集中する四隅に「ハンチ」を補強しました。土台には耐震性を向上させるための長寿命で耐久性のある集成土台「ヒノキ」または「唐松」を採用し、住まいの安全と安心を末永く保ちます。
※物件により配線ピッチが変更される場合があります。

コーナーハンチとは

corner_img
基礎のコーナー部分は不均等荷重や地震時の大きな揺れと繰り返す余震により負担が集中しやすい箇所です。そのためハンチ補強をして強い強度で基礎の剛性を高めます。
※玄関等土間部分は除きます。
※ジェットバスや浴槽パンがある場合のユニットバスは除きます。

1.5倍の強度のタフジョイント

tahujoint_img
・約4.3倍の強度
(従来の在来工法の柱頭部・柱脚部において)
・約1.5倍の強度
(従来の在来工法の粱端部において)
・柱の断面欠損減少
・大開口の間取りが可能
・3階建て、狭小地にも対応
木造住宅において、地震の影響を大きく受ける接合部には、従来の構造金物ではなく、オリジナルの金物を使用します。一般的な木造軸組工法では、柱や梁などの接合を「ほぞ」と「ほぞ穴」の組み合わせのために柱を切り欠きし、過大な断面欠損が生じます。それに対しタフジョイント工法は、木材の切り欠きを最小限に抑えるので、木材本来の強度を保つと共に、柱と粱を金物で強固に一体化させる役割を果たします。またオリジナル金物は、耐食性に優れたカチオン電着塗装を採用し、長年の使用による劣化を防ぎます。

4面耐震パネル+剛床工法

4面耐震パネル
4面耐震パネル

・壁倍率4.0の耐震力
・腐食とシロアリに強い
・高耐水性素材

剛性床

・剛性床を使用
・地震による変形・破損を防止
・3層48mmで生活音も減少(2階)

外周面は4面耐震パネルを、水平面には強靭なベタ基礎の他に1・2階床で剛性床を形成します。家全体を強固な箱型構造にすることで大地震の大きな力に対し、面で受け止め、力を分散させます。いつ、どの方向から迫るかわからない地震や台風などの天災に対し、高性能・箱型構造の家がご家族を守ります。
箱型構造
建物には常に荷重がかかっています。瓦や積雪など上からかかる鉛直方向からの力に加え、特に大きな地震などでは激しい横揺れにより、水平方向からも大きな力が加わります。そこで従来の「筋かい」などの線で支える工法から、耐震パネルなどの面で支える工法を用いることにより、荷重が1点に集中せず横からの力を面全体でしなやかに受け止め、分散させることができます。

4面耐震パネル+剛床工法

4面耐震パネル
4面耐震パネル

・壁倍率4.0の耐震力。
・腐食とシロアリに強い。
・高耐水性素材。

剛性床
剛性床

・剛性床を使用
・地震による変形・破損を防止
・3層48mmで生活音も減少(2階)

外周面は4面耐震パネルを、水平面には強靭なベタ基礎の他に1・2階床で剛性床を形成します。家全体を強固な箱型構造にすることで大地震の大きな力に対し、面で受け止め、力を分散させます。いつ、どの方向から迫るかわからない地震や台風などの天災に対し、高性能・箱型構造の家がご家族を守ります。
線から面へ、箱型構造の家
筋かい仕様耐震パネル仕様
建物には常に荷重がかかっています。瓦や積雪など上からかかる鉛直方向からの力に加え、特に大きな地震などでは激しい横揺れにより、水平方向からも大きな力が加わります。そこで従来の「筋かい」などの線で支える工法から、耐震パネルなどの面で支える工法を用いることにより、荷重が1点に集中せず横からの力を面全体でしなやかに受け止め、分散させることができます。

4面耐震パネル+剛床工法

4面耐震パネル
4面耐震パネル

・壁倍率4.0の耐震力。
・腐食とシロアリに強い。
・高耐水性素材。

剛性床
剛性床

・剛性床を使用
・地震による変形・破損を防止
・3層48mmで生活音も減少(2階)

外周面は4面耐震パネルを、水平面には強靭なベタ基礎の他に1・2階床で剛性床を形成します。家全体を強固な箱型構造にすることで大地震の大きな力に対し、面で受け止め、力を分散させます。いつ、どの方向から迫るかわからない地震や台風などの天災に対し、高性能・箱型構造の家がご家族を守ります。
線から面へ、箱型構造の家
筋かい仕様耐震パネル仕様
建物には常に荷重がかかっています。瓦や積雪など上からかかる鉛直方向からの力に加え、特に大きな地震などでは激しい横揺れにより、水平方向からも大きな力が加わります。そこで従来の「筋かい」などの線で支える工法から、耐震パネルなどの面で支える工法を用いることにより、荷重が1点に集中せず横からの力を面全体でしなやかに受け止め、分散させることができます。

アルネットホームの住宅は、耐震性能に優れ、耐震最高等級(耐震等級3)に対応しております。

(※階数・プランにより耐震等級が変わる場合があります)page-resistant

耐震等級3とは 耐震等級3とは

耐震等級とは、地震・暴風・積雪(多雪区域のみ)について、それぞれ、損傷防止と倒壊等防止の2つの観点から評価した結果を等級で表しており、等級が高くなるにつれて、より大きな力に対して目標が達成されることとなります。最高等級が耐震等級3となり、極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力の 1.5 倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度の基準と定められております。

注文住宅のスタートは資料請求から。家づくりをサポートする様々なカタログを無料でお送り致します

注文住宅のスタートは、
資料請求から。
家づくりをサポートする様々な
カタログを無料でお送り致します

カタログ請求
カタログ請求
展示場一覧
展示場一覧
お問い合わせ
お問い合わせ