住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

注文住宅の失敗例(後悔)や成功例について

自分や家族の希望を思う存分詰め込んで建てることのできる注文住宅は、建てる前の間取りの希望や、打ち合わせを重ねて建てるというプロセスから、家に対する思い入れが強くなり、「失敗か成功」という両極端な感想を抱きがちです。
また、買い替えがきかない家だからこそ、絶対に失敗したくないという気持ちが大きくなります。

ここでは、注文住宅の失敗例(後悔)と成功例をそれぞれ3つずつ紹介いたします。
先人の例を参考に、自分のケースや理想に当てはめて、自分なりの注文住宅のプラン作りにお役立て下さい。


【失敗編】

■実際に生活してみて分かる「間取り」の失敗

注文住宅では間取りを自由に決められますが、よく考えずに決めてしまうことで失敗につながることがあります。
住んでみたら部屋が「狭すぎる」・「広すぎる」に始まり、収納スペースの大小や位置の問題、音やにおいの伝わりによる不快感、外からの視線によるプライバシーの問題、家の中での生活動線が不便・・等々、生活してみてから分かる間取りの失敗例は多くあります。
これは、事前に生活のイメージが十分出来ていない場合に「失敗した」と感じることが多いようです。

■いらないものがあったり、必要な場所になかったりする「設備面」での失敗

新しい家の設備として、使うシーンを十分にイメージせずに「これは使うかも」と思って取り付けると失敗のもとになります。
キッチンの食器洗い乾燥機は時間がかかることに不便さを感じる方もいれば、お風呂で洗濯物が乾かせる浴室乾燥機は電気代がかさむなど、便利ではあるけれども自分には必要なかった・・というケースがあります。

また、コンセントの位置も、実際に家具をどのように配置するのかイメージしておかないと、必要な場所にコンセントがなく、延長コードがむき出しで、見栄えが悪くなってしまうこともあります。

■「準備不足や余裕がない状態」で建てると失敗

上記のような失敗は、事前の想定や生活のイメージなどが固まってない状態で発注することで、発生する失敗と言えるでしょう。
相談相手がプロでも、発注側が理想をしっかり伝えられないと意志疎通が上手くいかず、「家が完成した時点で理想と違う・・」というようなことになりかねません。

また、結婚式の準備でお家の打ち合わせに集中できなかった、奥様が妊娠中で二人の意見をまとめる時間がとれなかった等々、時間に余裕がない状態で家を建てると失敗につながるケースも多いようです。


【成功編】

■「生活に役立つ設備・機能」を取り入れて成功

自分達の新しい生活をイメージして、これは絶対に使う!と思った設備を取り入れると満足のいく家が出来上がります。
例えば、歩いて入れるほどのスペースがあるウォークインクローゼットを玄関や浴室近くに作ったら、着替えに便利だったという声をよく聞きます。

また、雨の日でも洗濯したいとイメージしたら、サンルームや物干し専用の部屋を設けて上手くいったというケースもあります。

■「見た目」にこだわって成功

せっかく自分の意見を反映できる注文住宅ですので、日本古来の美しさを表現した純和風や白壁が美しいプロヴァンス風、アンティークな家具でかわいく彩るカントリー風など、見た目を重視するのも注文住宅を建てる上で、大事なことといえるでしょう。

人は視覚からの情報に大きく左右されると言います。
購入から数十年は住むだろう自分の家の「見た目」について、重要視する方は多くいらっしゃいます。

■寛ぎやコミュニケーションなど、「心に作用する空間」を作って成功

ウッドデッキのテラスを作り読書やBBQを楽しんだり、お風呂の目隠しを大きくして窓を大きく取ることで開放感のあるバスタイムが可能になったりと、寛げる空間や設備を作ることは大事なことといえるでしょう。

また、各部屋の中心や2階に向かう動線にリビングを設けることで、毎日家族全員の顔を見られるように工夫したり、リビングと一体化した対面式キッチンで料理の最中もお子さんの様子を見たり、今日の出来事を話したりと、家族とのコミュニケーションが安らぎのある生活をもたらしてくれます。


注文住宅の失敗例(後悔)と成功例のほんの一部をご紹介しましたが、家族の生活スタイルや周りの環境によって失敗と成功がいくつも出てくるのがマイホームというものです。
ご紹介した失敗と成功を参考にして、ご自分に合った注文住宅を建てていただければ幸いです。


住宅関連ニュース:カテゴリ一覧

二世帯住宅 3階建て 注文住宅間取り 戸建て住宅 注文住宅豆知識

関連ニュース

お家づくりはこの「スタートブック」から。
役立つ情報がぎっしり詰まっています!