住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

注文住宅・間取りの失敗例(後悔)や成功例について


注文住宅は、おしゃれなアイランドキッチンやルーフバルコニー、自然素材を生かした無垢床など、自由な設計で夢や希望を叶えることができ、家を建てる上でとても魅力的です。
ですが、見た目や一部の機能にだけ注目して間取りに組み込むと、使い勝手が悪く失敗したと後悔してしまうこともよく耳にします。
皆さんが間取りのプラン作りを上手に行えるように、失敗例(後悔)と成功例をご紹介いたします。


■サイズ・場所・動線で失敗(後悔)しやすい「収納」

間取りの失敗談で多くあげられるのは、収納についてです。
物を入れておくことだけに使われることが多い収納は、軽視される傾向があります。
部屋を大きくしたいので、収納を小さくしたらスペースが足りず、部屋に荷物があふれてしまった・・なんてことも良く聞きます。

また、毎日の生活動線を考えず収納を配置したことで失敗したと感じている方もいらっしゃいます。
収納の中でもウォークインクローゼットは家の奥に設置されることが多く、使い勝手が悪いと感じることもあるようです。
ウォークインクローゼットの場合は、「家に帰ってきてすぐにコートをしまう」、「生活に必要な物をすぐ取り出せる」というように、生活の中での動きをイメージした上で、玄関やリビングの隣に配置することを検討してみては如何でしょうか。


■使ってみたら広すぎた・狭すぎたという「大きさ」の失敗

間取りを決める際に、「リビングは人が集まるからとりあえず広く」、「子供部屋は4.5帖あれば十分」のように、どのように使うか、何を置くかを考えずに、各部屋の大きさを決めるのも失敗の元となる場合があります。
大勢の来客時だけをイメージしてリビングを広くとり、収納も用意しなかった場合、冷暖房が効きづらく物も片付けにくい場所となってしまいます。

また、お子様が大きくなれば物も増えるため、4.5帖の場合では、手狭に感じてしまうことも考えられます。
どのような家具を置いて、何人がどのように利用するスペースかをしっかりイメージして、部屋の間取りを決めることをおすすめします。


■「音やにおい」の伝わりで失敗

図面上で間取りを決めている時は、音やにおいについてのイメージが難しいようです。
実際に生活してみて、「2階の音がうるさい」「水の流れる音がすごい」というような、音によるストレスを実際よく聞きます。
また、「オープンキッチンからのにおいが家中に充満してしまう」、「隣家のガレージからの排気ガスがリビングに入ってきてしまう」といった、においでも後悔が生まれるポイントがあります。


■キッチンは広い「対面式キッチン」にして成功

キッチン周辺の間取りでの成功事例として、リビングやダイニングが見渡せる対面式キッチンは、「導入して良かった」という声をよく聞きます。
料理しながら家族と対話したり、小さなお子様の様子を見ることができたりと、対面式キッチンはコミュニケーションの面で大変優れています。
また、キッチンの横にダイニングを配置すると、料理の配膳がスムーズになり、生活動線的にも優れたレイアウトを実現することが可能です。


■ウォークインクローゼットやパントリーを設置し「大容量収納」で成功

失敗の中で多くあげられる収納ですが、上手くいくと満足感も高いようです。
収納内で歩けるほどの大きさのウォークインクローゼットや、キッチンに隣接した食料品・調理器具を収納できるパントリーは、その容量の大きさで便利に使えます。
また、次第に家族の靴が増えることを見越して、シューズクローク(ウォークイン玄関収納)を設けたら満足度が高く得られたという例もあります。


■「自分だけの空間・趣味の空間」を作って成功

間取りに取り入れるものの中に、精神的に落ち着く場所や趣味を楽しめる場所を作ることで注文住宅の良さを感じている方も多くいらっしゃるようです。
静かな時を過ごせる書斎や、中二階の隠れ家的スペース、ガーデニングの趣味を楽しむスペースなどがそれに該当するでしょう。

住む人によって、感じ方はそれぞれ異なりますので、注文住宅の間取りを決めるときには、自分と家族の生活スタイルをイメージしながら、建築業者との相談・打ち合わせを行われることをおすすめします。

間取りの失敗例(後悔)や成功例について一部ご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。
注文住宅で間取りを考えるときに、参考にして頂けましたら幸いです。


住宅関連ニュース:カテゴリ一覧

二世帯住宅 3階建て 注文住宅間取り 戸建て住宅 注文住宅豆知識

関連ニュース

お家づくりはこの「スタートブック」から。
役立つ情報がぎっしり詰まっています!