住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

新築注文住宅を建てるとき、地鎮祭・上棟式はする?しない?


建物を建てる時の儀式として、地鎮祭・上棟式というしきたりがあります。
古くから伝わる祭祀なので、最近ではこの儀式自体をおこなうことに疑問を抱く人もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、理由があって続いてきた伝統ある儀式ですので、簡単に「わからないからやらない」ではなく、儀式の内容や流れを把握してから、「やる」・「やらない」を検討されては如何でしょうか。
「地鎮祭」「上棟式」について簡単にご説明していきたいと思います。


■工事を始める前に土地の神に安全工事や家の繁栄を願う「地鎮祭」

空き地の中央に注連縄で結ばれた青竹が立ち、何かの儀式の痕跡を見たことがある方は多いと思います。
それは、家を建てる前に土地の神様(氏神・産土神・鎮守神)にお祈りして鎮め、工事の安全や建てた家の住民の繁栄を願う「地鎮祭」(じちんさい・とこしずめのまつり)の祭場です。
実際に儀式を行う時は、お供え物を用意し、神職による降神の儀を行い、施主も土をおこす穿初(うがちぞめ)の儀式に参加し、式後には近所を回って工事開始の挨拶を行うのが通例となっています。


■建築工事の最後までの安全を願い、工事関係者を労う「上棟式」

地鎮祭が建築前なら、建築の途中に行われるのが上棟式となります。
新築住宅の土台が完成し、柱、梁、桁などの基礎構造を組み上げ、屋根の骨組みの頂部である棟木(むなぎ)を取り付けるときに行うのが一般的です。

神様に対しては、これまでの建築工事の無事を感謝し、建物完成後の家の無事を願います。
また、建築に携わった大工・職人さんに感謝を伝えるという意味も大きく、儀式色が強い地鎮祭と比べて、お祝い事といった意味合いを持ちます。

古来のやり方では、神主を招き、屋根で神事を行っていましたが、現在は棟梁が一番高い棟木を設置する作業のときに行われ、そのために上棟式と呼ばれます。
内容的には、棟木に破魔矢を飾るような儀式的なことを行ったり、職人さんを労う宴席を設けたり、ご祝儀を渡したりします。

なお、上棟式の別名に建前(たてまえ)、棟上げ(むねあげ)、建舞(たてまい)とありますが、よく「本音と建前」というように使われる建前は、大道商人(実演販売)が商品を売る時の口上のことであり、建物を建てる時の建前とは関係ありません。


■地鎮祭と上棟式を実施する方は減ってきている

地鎮祭は「日本書紀」に記述があり、上棟式は縄文時代にその起源が認められる歴史ある儀式です。
八百万神と言うように、あらゆる場所に神の存在を信じた古来の人々らしい儀式ですが、現代になって、その実施率は下がってきています。一種の神事なので、「神様を全く信じない」という方は、実施しない場合もあるようです。

それぞれの式について、現代に合わせた簡易版もありますので、実施することで少しでも安心感を得たいという方は、そちらを選ぶのも良いでしょう。
注文住宅を建てる時の決まり・ルールというわけではないので、自分や家族の考え方を尊重して実施するかどうかを検討してみてください。

以上、地鎮祭や上棟式について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
新築注文住宅を建てる際の参考にして頂けましたら幸いです。


住宅関連ニュース:カテゴリ一覧

二世帯住宅 3階建て 注文住宅間取り 戸建て住宅 注文住宅豆知識

関連ニュース

お家づくりはこの「スタートブック」から。
役立つ情報がぎっしり詰まっています!