住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

【注文住宅】3階建てのメリット・デメリットについて


皆さんは注文住宅を建てる際に、2階建てと3階建てで迷ったりしませんか?
世の中の方々は、どのような場合に3階建てを選択するのでしょうか。


■3階建てを検討するケースについて

3階建てを検討するのは、以下のようなケースが多いのではないでしょうか。

「二世帯住宅を建てたい」
「1階を店舗や教室、オフィスとして利用したい」
「狭小地でも駐車スペースを確保したい」
「子供部屋を人数分、揃えたい」
「繁華街や駅近く等の利便性の高い場所に家を建てたい」
「周辺にマンションや住宅が密集していて日当たりや風通しが不安」

総じて、利用目的に対して土地の広さが足りない時と言えます。
特に都心は土地価格が非常に高く、なかなか理想に叶った広さの土地が購入できません。

では2階建てと比べて、3階建てにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?


<3階建てのメリット>

・土地を最大限活用できること

3階建ての最大のメリットは、何と言っても土地を最大限活かすことができる点です。
床面積が単純に2階建てと比べて1階分広くなるので、充分な部屋数を確保することができます。

・日当たりや風通しが良い

周辺環境にもよりますが、周りの建物よりも背が高くなることで、日当たりや風通しが良くなるのも大きなメリットです。

・狭小地でも住居スペースを確保しつつ、ガレージや店舗を持つことが可能

車をお持ちの方は土地が狭いと駐車場に頭を悩ませますが、3階建てであれば部屋数を確保したうえで、1階にインナーガレージを設ければ解決します。また1階を店舗として利用したい場合も、3階建てであれば充分な居住スペースが得られます。

特に繁華街や駅の近くのように利便性の高い土地は、価格が高いことから狭小地であることが多いと言えるでしょう。
そのような場合に3階建てはとても魅力的な選択肢になります。


<3階建てのデメリット>

・導線とコスト

2階建てと比べると階層が増える分、日々の掃除や洗濯といった家事の動線が複雑になります。
また階段の上り下りの頻度も増え、重い荷物を1階から3階まで運ぶことも大変でしょう。

ホームエレベータを導入すれば解決しますが、当然その分のコストがかかります。
3階にトイレやインターホンを設置する場合も、コストアップの要因となります。

・建てる場所に制限がある

土地の場所によっては道路車線や北側車線、防火制限のような制限がかかる場合があります。
3階建ては2階建てに比べ制限が多く、景観への配慮や法規制で建てられない場所というのもあります。
もし3階建てを検討されているのであれば、土地購入の際から建築業者に相談されることをおすすめします。

3階建てのメリット・デメリットをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
住宅購入は、一生に何度もない大きな買い物ですので、失敗や後悔のないように何を大事にしたいかを考え、検討いただきたいと思います。


住宅関連ニュース:カテゴリ一覧

二世帯住宅 3階建て 注文住宅間取り 戸建て住宅 注文住宅豆知識

関連ニュース

お家づくりはこの「スタートブック」から。
役立つ情報がぎっしり詰まっています!