住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

【注文住宅】三階建ての暮らし方(水周り・トイレの数)について


新築の住宅を建てられる際に、土地の広さや周辺の環境によっては、3階建てを検討されることもあるでしょう。
しかし、戸建ての住宅では2階建てが一般的なため、3階建ての暮らしのイメージがつかみづらいといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、3階建て住宅の間取りや水周りの配置、暮らし方について考えてみましょう。


■3階建て住宅の暮らしと間取りの注意点

3階建ては、住宅を建築する土地が限られている狭小地をお持ちの方や、空間を縦に広げることで有効なスペースを多く確保したいと考える方に選ばれる傾向にあるようです。
しかし、狭小地での3階建て住宅の場合、1つのフロア面積が狭いこともあり、フロア移動のため階段の利用頻度が増えることを念頭に間取りを考える必要があります。

例えば、1階から3階への移動が頻繁に必要となる間取りだと、日々の生活が辛くなります。
そのため、快適に過ごすためには、1階から2階、2階から3階の移動で済むようなフロア構成にすることが必要と言えるでしょう。


■3階建て住宅の水周りやトイレの数について考える

3階建て住宅の暮らしや間取りを考える際、水周りの設備をどこに配置するかは重要なポイントです。
リビングが下の階にあり、お風呂場や洗濯機の設置場所などを上の階に設置した場合、排水音が気になることがあるでしょう。
逆に洗濯機などが1階にありベランダが3階にある場合には、洗濯物を干すために階段の上り下りが頻繁に発生することになります。

その他にも、3階建て住宅を建築された方の中には、「水周りが上の階にあると、万が一水漏れが発生した場合に被害が増えるのが心配」、「水周りが1階の場合、冬場の移動が寒い」といった意見も聞かれます。
生活動線を十分に考慮した上で、ご自分の暮らし方に最適な水周りの配置を考える必要があると言えるでしょう。
また、3階建て住宅にはトイレはいくつ必要かとお悩みの方もいらっしゃるようです。
最近の新築住宅や建売住宅の間取りを見ると、2階建てでもトイレが2つある住宅が一般的となってきています。

先述した通り、3階建て住宅では日々の暮らしの中で階の移動が多く発生するため、少しでも移動を減らすためにも、1階のお風呂場にトイレを1つ、2階のメインスペースにもトイレを1つといったように、トイレを複数設けることも検討してみてはいかがでしょうか。

■3階建て注文住宅における暮らしの選択肢

注文住宅で3階建ての住宅を建築する場合は、それぞれの暮らしにおいて様々な選択肢の可能性があります。
例えば、車を所有しているご家庭であれば、2階建ての狭小地では駐車場の配置に頭を悩ませている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、3階建て住宅であれば、採光や通風の確保が難しい1階をインナーガレージにするという選択肢もあります。
また、将来の二世帯住宅に備えた造りにするという選択肢もあります。
将来は1階を親世帯が使用するスペースとして想定しておき、建築時からバリアフリーを意識した造りにするという方法もあります。将来的には、階移動の負担軽減のためにホームエレベータの設置を検討するというのも良いでしょう。

このように、家族構成やライフスタイルによって、3階建てには様々な可能性が考えられます。
長期的にどの様な暮らしをしたいのかといったライフプランを立てた上で、3階建て住宅の建築経験が豊富な建築業者に相談してみましょう。


住宅関連ニュース:カテゴリ一覧

二世帯住宅 3階建て 注文住宅間取り 戸建て住宅 注文住宅豆知識

関連ニュース

お家づくりはこの「スタートブック」から。
役立つ情報がぎっしり詰まっています!