NEW!! 【前橋関根】街のなか展示場オープン見学会開催中!

住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅とは、文字通り注文してから建築する住宅のことです。
施主の方と建築会社が何度も打ち合わせをしてから実際に建て始めます。
もともと土地を持っていない場合は、土地を購入するところから始めることになります。
一方建売住宅とは、間取りや仕様が決まっていて、すでに建築済の住宅です。

注文住宅にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
また、注文住宅と建売住宅ではどちらが良いのでしようか。

■注文住宅のメリットは?

建売住宅は、誰でも使いやすいような、比較的無難な設計の物件が多くなっていますが、注文住宅は、自分の好みに合わせて自由に設計ができるので、自分好みの家を実現することができます。
自分たち家族の生活スタイルに合った、自由な間取りに設計することができ、台所・洗面所・風呂場などの水廻りを近くに集める事も可能です。
壁紙やフローリング、ドアのデザインも家を作る段階で自分達の好みのものを選ぶことが可能です。

犬を飼っているなら、ドックランを作る事や、散歩などで汚れた足を洗える「足洗い場」を設ける事、ペット用の出入り口を付けることもできますが、建て売りだと、そのような物件を探さなければなりません。
また、建築現場を実際に見ることができることも注文住宅のメリットです。
建て売りでは、大工さんと顔を合わせる機会はありませんが、注文住宅なら大工さんと直接話をしたり質問したりすることもできます。
お互いの顔を知っていることで、大工さんも、より丁寧な仕事を心がけてくれるかもしれません。
さらに、注文住宅は自分で考えて作ったという満足感を得られますし、家族と話し合う機会が増えるので、家族の絆が強まったと感じる方もいらっしゃいます。

■注文住宅のデメリットは?

注文住宅は、図面などで間取りを決めていくので、慣れていない人はイメージが付きにくいことはデメリットの一つといえるでしょう。
建て売りの場合は、実物を見ながら、家具の配置なども考えていくことができますが、注文住宅ではそれができません。
図面では十分の広さだと感じていても、実際に出来上がってみると思ったよりも狭いと感じることもあります。

また、注文住宅では、手続きや打ち合わせを何度も行う必要があり期間が掛かってしまうというデメリットもあります。
着工する前に、地盤調査と場合によっては地盤改良が必要になります。
また図面や資料を行政機関に提出し建築確認申請をする必要もあり、確認済証が交付されてようやく工事を始めることができます。
さらに、建売住宅に比べ注文住宅の方が一般的に多くの費用が掛かるという点もデメリットといえます。
建売住宅では、規格にあった材料を大量に購入して何棟も建てるのでコストを抑えることができます。
しかし、注文住宅では、方法によって費用を抑えることはできますが、あまりこだわりを持ちすぎると簡単に当初の予算を超えてしまいます。

■注文住宅と建売住宅どちらが良いの?

注文住宅と建売住宅のどちらが良いかは、その人の価値観によっても違ってきますので、どちらが良いとはいえません。
建物の品質という点では、注文住宅の方が優れた仕様にすることができます。
しかし、どちらが良いかは、建物の品質だけでなく、建てる場所や、周りの人間関係によっても違ってきます。
もともと持っている土地に注文住宅を建てる場合は、昔からの近所付き合いがあるでしょう。

一方、分譲住宅なら、周りもよそから来た人ばかりなので、しがらみのない状態で生活をスタートさせることができますが、新たな人間関係を築くことがストレスになる方もいらっしゃいます。

戸建ての新居を持とうとするときは、注文住宅にするか建売住宅にするか迷うものです。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、よく考えて決めるようにしましょう。
自分の好みだけでなく、家族の声にしっかり耳を傾けることで、子どもたちにとっても楽しい時間になりますし、家族の距離が縮まるに違いありません。

せっかくの新居です。温かみのある暮らしができるといいですね。

お家づくりのスタートはカタログ請求から。 アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

お家づくりのスタートはカタログ請求から。
アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

建築実例をもっとみる