NEW!! 【LA VING宇都宮】『夏のハーバリウム作りミニ講座』開催

住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

新築注文住宅で2階のトイレは必要?メリットやデメリットについて

注文住宅を新築する場合、間取りや設置する設備に悩まれる方も多いでしょう。

例えば、最近は2階にもトイレを設置している家が多くなっていますが、自分たちは1階にあれば十分なのか?それとも、家族構成を考えて2階にもトイレを設置した方が良いか悩む方は多いのではないでしょうか。

今回は、新築注文住宅で2階にトイレを作るメリットとデメリットについて考えていきます。

■2階にトイレを作るメリットは?

1階にトイレがあれば、2階に絶対に必要というわけではありませんが、2階にトイレを作ることにはメリットがたくさんあります。

まず、朝は通勤や通学の時間が家族の間でどうしても重なってしまうので皆がトイレを利用して渋滞しがちな傾向があります。
お子さんがたくさんいると渋滞はさらにひどくなりますが、2階にもトイレを作ることで、毎朝の渋滞を緩和することができます。

また、2階に寝室がある場合は、夜中にトイレに行く時も安全です。寝ぼけて転倒して階段から落下なんてことも考えられなくはありませんし、階段を下りるのが面倒でトイレを我慢して、結局眠りが浅くなってしまうなんてことも考えられます。
体調が悪い時も、わざわざ1階まで下りなくて良いので、とても便利です。

さらに、ご友人などがお泊りの時もトイレを別々にすることができ、気兼ねなく利用してもらうことができます。

■2階にトイレを作るデメリットは?

2階にトイレを作ることにはデメリットもあります。
まず単純に、掃除する場所が増えてしまうことです。
トイレの数が増えれば、掃除にも手間と時間がかかります。

また、設置する為の費用もかかりますし、メンテナンスや修理にかかるコストも設置した分だけ増えてしまいます。

さらに、お子さんの部屋を2階にし、ご夫婦の部屋を1階にした場合、トイレまで別々だとお子さんが1階に下りてくることが少なくなり、コミュニケーションが不足してしまう可能性もあります。

■結局のところ2階にトイレは必要なのか?

1階に1つトイレがあれば、それで十分と考える方もいらっしゃるでしょう。

ですが、住み始めた後に家族が増えて2階にもトイレが欲しいと言っても、後から取り付けることは、大掛かりな工事となり、はじめから設置するよりも多くのコストや時間的負担がかかります。

せっかく新築で注文住宅を建てるのなら、誰でも快適な暮らしをしたいと考えるものです。

2階のトイレの必要性は家族構成によっても違ってきますので、自分一人で決めるのではなく家族に相談することも大切です。
メリットとデメリットをよく考えて、後悔しない家づくりを家族全員で考えていただければ幸いです。

お家づくりのスタートはカタログ請求から。 アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

お家づくりのスタートはカタログ請求から。
アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

建築実例をもっとみる