NEW!! 9/23本社臨時休業のお知らせ

住宅関連ニュース~住まいの今を伝える~

新築注文住宅で平屋にするメリット・デメリットについて

もともと日本では平屋が住宅の主流でしたが、便利な土地は広く確保することが難しく、いつからか土地を有効活用できる2階建てが主流となりました。しかし近年では、高齢化や少子化の影響で改めて平屋の良さが見直されています。

新築注文住宅で平屋にする場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
また、2階建てにする場合と平屋では費用の面でどのような違いがあるのかを考えていきましょう。

■新築注文住宅で平屋にするメリット

平屋のメリットは、まず階段がないので移動が楽ということです。
特に高齢の方の階段の上り下りは、身体的負担が大きいので、平屋を採用することで、部屋の移動による負担が大きく減っていくでしょう。もちろん若い人でもたくさんの荷物を抱えて階段を上ることは大変です。しかし、平屋であればそれらの身体的な負担を少なくすることができ、安全も確保できます。

また、平屋は生活導線が良いというメリットもあります。
例えば、洗濯をして・干して・取り込んで・たたんで・収納するという一連の動きにも無駄がありません。

掃除をする時も、掃除機を持って2階へ移動する必要がありません。
毎日の生活で身体的に負荷となる動きを省くことができます。

さらに、平屋は家族とのコミュニケーションが取りやすいこともメリットです。
同じフロアの中で生活しているので、自然と会話ができるようになり、思春期のお子さんの心変わりにも気づきやすくなるかもしれません。

別のメリットとして、建物のメンテナンスのしやすさがあります。
建物が低いので建物全体に目が行き届きます。
早めに不具合を見つけて直せば、お家が長持ちし、お家に対する愛着も深まっていきます。

■新築注文住宅で平屋にするデメリット

平屋にするデメリットとして、まず防犯面での対策が必要になることです。
寝る時に、窓を開けて自然の風を感じながら寝る為には、補助錠を付けたりと、対策が必要になります。

また、日当たりが悪くなる可能性があることもデメリットと言えるでしょう。
建てた時は日当たりが良くても、後から南側に大きな家が建ったりアパートが建ったりして、陽ざしが遮られてしまうこともあります。
そこで平屋を建てられる際、ある程度広い土地に建てることで、周りの建物の陰になることを避けている方もいます。

別のデメリットとして、プライバシーの確保が難しくなる場合もあります。
ワンフロアで生活している為、家族の中でもプライバシーを確保しにくくなるので、落ち着ける書斎を作っておくと良いでしょう。

■平屋と2階建てではコスト面でどんな違いがあるの?

延べ床面積が同じであれば、平屋の方が2階建てより広い土地が必要になり、土地も購入する場合、平屋は割高になります。
また、建物についても延べ床面積が同じであれば、基礎を組む面積や屋根の面積は、平屋の方が大きくなる為、2階建てと比べてコストがかかります。

しかし、平屋は2階へ行く階段が不要となり、その分のスペースと建築費用を抑えることができます。

どんな住宅でもメリットとデメリットがあります。
注文住宅を新築する場合には、今の状況だけで判断するのではなく、将来自分が歳を取った場合や家族構成の変化などのライフプランも考慮に入れて、決断することが必要と言えます。
以上、お家を建てる参考になりましたら幸いです。

お家づくりのスタートはカタログ請求から。 アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

お家づくりのスタートはカタログ請求から。
アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

建築実例をもっとみる