群馬県前橋市の住宅情報-注文住宅・新築一戸建て

NEW!! 【LA VING宇都宮】『夏のハーバリウム作りミニ講座』開催

群馬県前橋市の注文住宅はアルネットホームへお任せください

群馬県前橋市の注文住宅は
アルネットホームへお任せください

群馬県前橋市の注文住宅は
アルネットホームへお任せください

群馬県前橋市の住宅事情

群馬県前橋市
の住宅事情

懐の大きな自然と「温故知新」の教育の中で、子どもはのびのびと育ち、日曜日には地元でバーベキュー。たまには東京ディズニーランドにお出かけなど、自然・都会の娯楽をどちらも楽しめ、東京近郊ではできない生活が送れます。

群馬県前橋市の
住宅事情

Line up

群馬県
前橋市のエリア情報
アナリスト「松沢 博」氏に聞く

歴史

利根川にかかっていた橋を「駅家(うまや)の橋」と呼んだことから、「厩橋」という地名ができました。

  • 戦国時代
  • 1470年代に厩橋城が築かれたが、上杉・武田・北条氏等の戦国列強の攻防の的となり、いくたびか戦場となりました。当時繁栄していた町並みも焼き払われ、旧利根川の河原であった低地に移りました。これが現在の中心街です。城主・酒井忠清が「前橋」に改めました。
  • 1648年
  • 城主・酒井忠清が「前橋」に改めました。
  • 明治時代
  • 製糸が横浜開港とともに知事らの奨励により産業として盛んとなりました。以来前橋は「糸のまち」と呼ばており、明治・大正・昭和の初期まで、基幹産業として発展を遂げました。「マエバシ・シルク」といえば良質の糸の代名詞として、世界中にその名を知られるまでになりました。
  • 1892年(明治25年)
  • 市制施行して前橋市となる。県内最初、関東で4番目、全国で41番目に施行。
  • 1954年(昭和29年)
  • 勢多郡上川淵村・下川淵村・芳賀村・桂萱村、群馬郡東村・元総社村・総社町を編入合併。その後も近隣の村・町を編入合併。
  • 1960年(昭和35年)
  • 消費都市から生産都市への転換を目標に、首都圏都市開発区域の指定を受けて工場誘致を実施。
  • 2001年(平成13年)
  • 特例市に指定。
  • 2009年(平成21年)
  • 中核市へ移行。

人口

2016年10月現在で33万人。
・1970年 27万人
・1980年 31万人
・1990年 33万人
・2000年 34万人
・2010年 34万人

2000年をピークに人口は徐々に減少しています。
最多年齢が65歳~69歳で団塊世代。高度成長期に工業団地誘致などで発展した市の特長です。次いで40歳~44歳で「団塊ジュニア」と呼ばれ、団塊世代の子供である可能性が高く、この世代の人口が多いです。しかし39歳以下はどんどん人口が減っており、4歳以下は1万3095人と、40歳から44歳の2万5666人の半分となっています。少子化で子供一人世帯が増えているのと20歳台の流出により、4歳以下の人口が極端に減っています。逆に考えると、人口の減少により、条件のよい土地や立替えに最適な住宅が見つかる可能性が高いともいえます。

2016年10月現在で33万人。
・1970年 27万人
・1980年 31万人
・1990年 33万人
・2000年 34万人
・2010年 34万人

2000年をピークに人口は徐々に減少しています。
最多年齢が65歳~69歳で団塊世代。高度成長期に工業団地誘致などで発展した市の特長です。次いで40歳~44歳で「団塊ジュニア」と呼ばれ、団塊世代の子供である可能性が高く、この世代の人口が多いです。しかし39歳以下はどんどん人口が減っており、4歳以下は1万3095人と、40歳から44歳の2万5666人の半分となっています。少子化で子供一人世帯が増えているのと20歳台の流出により、4歳以下の人口が極端に減っています。逆に考えると、人口の減少により、条件のよい土地や立替えに最適な住宅が見つかる可能性が高いともいえます。

2016年10月現在で33万人。
・1970年 27万人
・1980年 31万人
・1990年 33万人
・2000年 34万人
・2010年 34万人

2000年をピークに人口は徐々に減少しています。
最多年齢が65歳~69歳で団塊世代。高度成長期に工業団地誘致などで発展した市の特長です。次いで40歳~44歳で「団塊ジュニア」と呼ばれ、団塊世代の子供である可能性が高く、この世代の人口が多いです。しかし39歳以下はどんどん人口が減っており、4歳以下は1万3095人と、40歳から44歳の2万5666人の半分となっています。
少子化で子供一人世帯が増えているのと20歳台の流出により、4歳以下の人口が極端に減っています。逆に考えると、人口の減少により、条件のよい土地や立替えに最適な住宅が見つかる可能性が高いともいえます。

前橋市HPから引用

教育

全国学力テストなどの公的数字は、群馬県庁・前橋市役所共に公表されておりません。

教育の基本方針は、
「県都前橋 教育のまち」
誰もが住んでよかった。誰もが学んでよかったと思える「まち」実現へ

教育の始まりは、明治時代の第二代県令・楫取素彦が教育を奨励し、当時の学童の就学率は「西の岡山、東の群馬」と呼ばれるほど全国の先駆けでありました。楫取素彦は吉田松陰の義理の兄として、「松下村塾」にも深くかかわり、教育の重要性を感じており、群馬師範学校の設立や高等学校・村々の小学校設立まで尽力しました。その精神が今も脈々と受け継がれており「県都前橋 教育のまち」を掲げてります。

その例として、群馬県立教育学部付属小学校は、教育学部の研修場所となっており、先生も意欲的な方が多く、授業の内容も工夫されています。小学校1・2年生には補助教員が必ず配置され、中学年以降は専科担当の先生方の指導を受ける事が出来るなど、担任だけではなく色々な先生に教えて頂く事で、子供達の理解が深まります。

中学校まで同じ先生・仲間のと環境で、義務教育9年間落ち着いて勉強ができ、子供にとっては良い環境との評判です。

群馬県立教育学部付属小学校

群馬県立教育学部付属小学校

群馬県立教育学部付属小学校校

商業・飲食

商業は市街地中心から市街地外周や郊外に移ってきております。
自動車保有率全国1位という車社会で、郊外ロードサイド店が盛んです。
2007年に前橋駅南東に大型ショッピングモール「けやきウォーク前橋」が出店し、2009年には駒形バイパス沿いに「ガーデン前橋」がオープン。また東の上泉町にはスーパーマーケットのベイシアが大型店を出店したほか、地場スーパーのフレッセイは中規模のショッピングセンターをオープン。2010年にはベイシアやカインズホームを核店舗とする敷地面積23ヘクタールの「パワーモール前橋みなみ」がオープンしました。

ちょっとした息抜きに使いたい、おしゃれなカフェとしては

商業は市街地中心から市街地外周や郊外に移ってきております。自動車保有率全国1位という車社会で、郊外ロードサイド店が盛んです。2007年に前橋駅南東に大型ショッピングモール「けやきウォーク前橋」が出店し、2009年には駒形バイパス沿いに「ガーデン前橋」がオープン。また東の上泉町にはスーパーマーケットのベイシアが大型店を出店したほか、地場スーパーのフレッセイは中規模のショッピングセンターをオープン。2010年にはベイシアやカインズホームを核店舗とする敷地面積23ヘクタールの「パワーモール前橋みなみ」がオープンしました。

ちょっとした息抜きに使いたい、おしゃれなカフェとしては

商業は市街地中心から市街地外周や郊外に移ってきております。自動車保有率全国1位という車社会で、郊外ロードサイド店が盛んです。2007年に前橋駅南東に大型ショッピングモール「けやきウォーク前橋」が出店し、2009年には駒形バイパス沿いに「ガーデン前橋」がオープン。また東の上泉町にはスーパーマーケットのベイシアが大型店を出店したほか、地場スーパーのフレッセイは中規模のショッピングセンターをオープン。2010年にはベイシアやカインズホームを核店舗とする敷地面積23ヘクタールの「パワーモール前橋みなみ」がオープンしました。

ちょっとした息抜きに使いたい、おしゃれなカフェとしては

<Cafe たべりーね>

広大な敷地に古民家を改装したようなお店「Cafe たべりーね」。赤城山のふもとの大自然の中にあり、森林浴効果も期待できるなど、それだけで癒されます。自家製サイダーやオーガニックプレートランチなど、健康志向なメニュー展開も嬉しいです。

<本町一丁目カフェ>

前橋の官公庁街・古民家が改装された、とても品の良い素敵なカフェ「本町一丁目カフェ」。オフホワイトの壁や天井と柔らかい間接照明がリラックスできます。紅茶を頼むとお茶請けが付くという嬉しいサービス。お酒もあり、料理のクオリティもかなり高いので、色々な用途で使えます。

  • ▲Cafeたべりーね
  • ▲本町一丁目カフェ

自然・公園・施設

<前橋公園>

前橋市内には元厩橋城跡地である前橋公園が市民の憩いの場となっています。利根川に接していて、池が美しい芝生などが美しい公園です。元は群馬県の迎賓館であった臨江閣の歴史的佇まいは明治の気品と誇りを感じさせてくれます。中にあるカフェは明治時代の装いの店員が雰囲気を醸し出してくれています。また前橋東照宮もあります。そしてヤマダグリーンドームは自転車の世界大会が開催されたり、世界陸上が開催されるなど世界的スポーツイベントのみならず、コンサートや展示会なども行われています。
また近くの敷島公園は桜が美しくて花見の名所であり、バラ園も有名です。前橋市の花はバラで、地域のあちらこちらにバラの名を冠した場所があり、中心市街地の商店街もローズアベニューという愛称で親しまれていて、マンホールや街灯にもバラのモチーフがあります。

<赤城山>

群馬の自然と言えば一番に思い浮かぶのが赤城山。埼玉県からも見える北関東を代表する山です。 「赤城の山も今宵かぎり」の国定忠治の生まれたところであり、「赤城おろし」という冬の北風でも有名です。
山頂近くには大沼があり、春は新緑に包まれ、夏はレジャーにサイクリング、秋は紅葉に染まるなど四季を通じて楽しめます。その横には赤城神社があり、縁結び、恋愛成就、安産、子育てなどのご利益があり、女性にうれしいパワースポットとしても人気です。

<行列のできる道の駅・グリーンフラワー大胡>

赤城山のふもとにある「グリーンフラワー大胡」は行列のできる道の駅として大人気。農産物直売所は地元農産物が新鮮で安いので、開店前から行列ができます。そして観光施設としては、赤城おろしにちなんだオランダ風車や全長50メートルのスライダー、牛が放牧されている「ぐりーんふらわー牧場」などもあり、ファミリーで一日楽しめる場所です。

前橋市の中の粕川室沢地区は、日本の里100選にも選ばれた、ふるさとを体現したようなどこか懐かしい田園風景が広がる場所です。

  • ▲前橋公園さちの池
  • ▲赤木山・大沼
  • ▲グリーンフラワー大胡

アルネットホームは、埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県を中心に展開する新築一戸建て、完全自由設計の注文住宅ブランド。前橋市の地域に密着し、お客様が理想に描く「夢の新築一戸建て」をカタチにいたします。

お家づくりのスタートはカタログ請求から。 アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

お家づくりのスタートはカタログ請求から。
アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

群馬県の人気エリアで
注文住宅を考える

群馬県の人気エリア・都市の住宅事情、周辺の建築実例、住宅展示場をご紹介しております。

注文住宅のスタートは資料請求から。家づくりをサポートする様々なカタログを無料でお送り致します

注文住宅のスタートは、
資料請求から。
家づくりをサポートする様々な
カタログを無料でお送り致します

カタログ請求
カタログ請求
展示場一覧
展示場一覧
お問い合わせ
お問い合わせ