栃木県宇都宮市の住宅情報-注文住宅・新築一戸建て

NEW!! 【LA VING宇都宮】『夏のハーバリウム作りミニ講座』開催

栃木県宇都宮市の注文住宅はアルネットホームへお任せください

栃木県宇都宮市の注文住宅は
アルネットホームへお任せください

栃木県宇都宮市の注文住宅は
アルネットホームへお任せください

栃木県宇都宮市の住宅事情

栃木県
宇都宮市の住宅事情

宇都宮市は新幹線開通や高速道により交通インフラが良く、大地震の発生確率が関東で一番低い都市と言われております。通勤便利な宇都宮線駅徒歩20分以内で、「子育てに良い」「家事動線を考えた」間取りの注文住宅がオススメです。

栃木県
宇都宮市の住宅事情

Line up

栃木県
宇都宮市のエリア情報
アナリスト「松沢 博」氏に聞く

歴史

  • 鎌倉時代
  • 宇都宮の中心地は、鏡が池と呼ばれる水辺をはさんで北に二荒山神社を中心とする聖なる場所が、南に宇都宮城を中心とする政治的な場所が向かい合っていました。二荒山神社は、いくさの神として武将達から崇拝されていました。宇都宮氏は宇都宮城を拠点とし、宇都宮大明神(二荒山神社)の宗教的権威と神領の支配を通じて勢力を拡大していきました。宇都宮氏の祖とされている藤原宗円から、3代目の朝綱のころには宇都宮氏を名乗るようになり、 地名にも使われるようになったといわれています。
  • 室町時代
  • この時代の宇都宮は、7代景綱・8代貞綱・10代氏綱のそれぞれの菩提寺である東勝寺・興禅寺・ 粉河寺をはじめ、480の寺院が建ちならび、「香煙のために王地を覆うの感あり」といわれたようです。戦国時代は戦乱に明け暮れた時代でした。その中で生き残るため、平城であった宇都宮城は、堀と土塁で幾重にも囲まれた大きな城郭(じょうかく)になっていきました。また、現在の宇都宮市内には、当時30を超える城が築かれていました。 多気城はその代表的なものです。
  • 江戸時代
  • 江戸時代の宇都宮は、奥州街道と日光街道の追分にあたり、宇都宮城は日光社参における将軍の宿城としての役割をもっておりました。そのため、参勤交代などで宿泊する大名も多く、一般人の交通も急増したことから宿場町としてたいへん栄え、宇都宮はそのにぎやかぶりから「宇陽」とよばれました。
  • 1871年
  • 廃藩置県がおこなわれ、宇都宮県が誕生。
  • 1873年
  • 宇都宮県は廃止され、栃木県に組み入れられることになりました。県庁は栃木町にあったため、1884年に宇都宮町に県庁が移転するまで、宇都宮は県政の中心から外れることになりました。
  • 1885年
  • 埼玉県大宮駅から宇都宮までの鉄道が開通し、宇都宮駅が誕生しました。
  • 1931年
  • 宇都宮・栃木間に東武宇都宮線が開通しました。
  • 1940年
  • 陽北土地区画整理組合が設立されて新しい住宅開発が進められました。大通りが舗装され街路樹が植えられたほか、現在の東京街道が開通しました。八幡山公園ができたのもこのころです。
  • 1982年
  • 東北新幹線 宇都宮駅が開業。
  • 2001年
  • 湘南新宿ライン開業と同時に市内各駅に列車が乗り入れ開始。

人口

51万9,913人 (2017年2月現在)

  • 人口は増加しており、この10年間で1万2,000人余り増えています。年平均だと1,200人の増加ですが、直近の1年は450人まで減っていて、伸びは鈍っています。
  • 転入者は年間1万人程度と多く、一番は東京都からで年間1,000人程度が転入してきており、主に転勤族とみられます。次いで埼玉県、神奈川県からの転入者が多いです。近隣市のさくら市や真岡市は、転入者が年平均200人ぐらいと他県に比べると少ないことから、宇都宮が首都圏中心の交通・物流・商流の東北の窓口であることを示しています。

宇都宮市HPから引用

■年齢別人口

  • 年齢別人口では39歳から45歳の団塊ジュニア世代が最も多く、約8,500人。団塊世代の子供に加えて、10年前の「ミニ住宅バブル」の時に流入しました。
  • その親世代となる団塊世代が約8,218人でこちらも二番目に多い世代となります。逆に団塊ジュニアの子供にあたる10~15歳は、年平均4,891人と大きく現象しています。

宇都宮市HPから引用

教育

・宇都宮市の全国学力テストの結果はおおむね全国平均より少し上となっています。栃木県の平均と比較すると、全ての教科において上回っており、栃木県の教育をリードしていると言えます。特に中学校はレベルが高く、宇都宮市が採用している「小中一貫教育と地域学校園」による成果と考えられています。

宇都宮市 学習・学力調査

・宇都宮市では、すべての子どもたちに学力や、豊かな心、健康・体力などを着実に身に付けさせるとともに、子ども一人一人が充実した学校生活を送ることができるように、地域の方々や、自然、文化、伝統などの教育資源を子どもの学びに生かす「小中一貫教育・地域学校園」を、平成24年度から実施してきました。

その内容は
①授業時数の増加により、つまづきやすい学習内容をしっかりと習得する。
②ことばの時間と英会話の時間からなる会話科で、人と社会に関わるコミュニケーション力を育む。
③体験を重視した教科横断的な学習。健康・体力・豊かな心・社会人としての基礎を育む。
④小中学校の連携組織。
⑤相互乗り入れ授業。小中学校の指導をつなげるために。
⑥スクールカウンセラーの導入。

・宇都宮市の小学校に対するネットでのPTAの評判は「陽光小学校」の人気が高いですが、ほか小学校も全般的に良く、栃木県でもトップの評価となっています。

PTAの評価コメント(一例)
「明るい校風なので、生徒がいきいきとしています。先生の指導内容もとても真剣で、分かりやすく、生徒の立場になっての指導です。生徒個人で、自分から進んでおこなう能力をきたえあげる指導が行われています。」 と生徒思いの指導が行われているのが評価されています。

PTAの評価コメント(一例)
「明るい校風なので、生徒がいきいきとしています。先生の指導内容もとても真剣で、分かりやすく、生徒の立場になっての指導です。生徒個人で、自分から進んでおこなう能力をきたえあげる指導が行われています。」 と生徒思いの指導が行われているのが評価されています。

同じく栃木県2位と評価の高い白沢小学校も、「生徒とのコミュニケーションが取れていて、良い関係が築けていて、先生が対処法を色々と知っているので、安心感があります。教科により少人数での授業を行っており、各自の実力を上げています。地域の方との交流を大切にし、授業や行事なども地域の方も含めた活動が盛んです。地域の方の目が学校に向いていることは安心できます。」など宇都宮市の教育方針が良い効果をあげていることが伺えます。

宇都宮市立の全小学校でPTAによる悪い評価がある小学校はほとんど無く、小学校個々による大きな差はなく、全体的にレベルが高いといえます。宇都宮市立小学校が68校と豊富な上に、宇都宮大学教育学部付属小学校の国立や作新学園小等部など私立小学校もあり、小学校の教育環境は申し分ありません。

PTAの評価コメント(一例)
「明るい校風なので、生徒がいきいきとしています。先生の指導内容もとても真剣で、分かりやすく、生徒の立場になっての指導です。生徒個人で、自分から進んでおこなう能力をきたえあげる指導が行われています。」 と生徒思いの指導が行われているのが評価されています。

同じく栃木県2位と評価の高い白沢小学校も、「生徒とのコミュニケーションが取れていて、良い関係が築けていて、先生が対処法を色々と知っているので、安心感があります。教科により少人数での授業を行っており、各自の実力を上げています。地域の方との交流を大切にし、授業や行事なども地域の方も含めた活動が盛んです。地域の方の目が学校に向いていることは安心できます。」など宇都宮市の教育方針が良い効果をあげていることが伺えます。

宇都宮市立の全小学校でPTAによる悪い評価がある小学校はほとんど無く、小学校個々による大きな差はなく、全体的にレベルが高いといえます。宇都宮市立小学校が68校と豊富な上に、宇都宮大学教育学部付属小学校の国立や作新学園小等部など私立小学校もあり、小学校の教育環境は申し分ありません。

宇都宮市立陽光小学校

同じく栃木県2位と評価の高い白沢小学校も、「生徒とのコミュニケーションが取れていて、良い関係が築けていて、先生が対処法を色々と知っているので、安心感があります。教科により少人数での授業を行っており、各自の実力を上げています。地域の方との交流を大切にし、授業や行事なども地域の方も含めた活動が盛んです。地域の方の目が学校に向いていることは安心できます。」など宇都宮市の教育方針が良い効果をあげていることが伺えます。

宇都宮市立の全小学校でPTAによる悪い評価がある小学校はほとんど無く、小学校個々による大きな差はなく、全体的にレベルが高いといえます。宇都宮市立小学校が68校と豊富な上に、宇都宮大学教育学部付属小学校の国立や作新学園小等部など私立小学校もあり、小学校の教育環境は申し分ありません。

宇都宮市が掲げるコンセプト

「餃子のまち」と言った宇都宮の一部を表現することにとどまらない、「宇都宮」というまち全体に対し、何らかの良いイメージを作り、まちを磨き、発信し、浸透させることで、市のイメージを高めていくことを目指しています。

その活動が定着してくると、市民は「宇都宮」に誇りを持って住み続け、さらに市外の人たちに対しても積極的に宇都宮市をPRする状態となり、市外、特に県外から「宇都宮」が憧れを持って注目される都市となり、認知度や付加価値が高まり、訪れたり、住んだり、企業が立地したくなる都市になっていきます。

【宇都宮プライド】
「100年先も誇れるまちを、みんなで」
宇都宮市内外のみなさんと一緒につくり上げていくプロジェクトで、市民と宇都宮の魅力を考え、発見し、形作り、発信していくことで、宇都宮が「100年先も誇れるまち」となることを目指しています。

商業・飲食

■宇都宮市の年間商品販売額は2兆8千億円を越え、栃木県全体(5兆6千億円)の年間商品販売額の約50%を宇都宮市だけで売り上げています。

JR宇都宮駅前にバルコや「ララスクウェア宇都宮」、東武宇都宮駅前には東武百貨店と、両宇都宮駅周辺に大型店のほか、多種多様の商業施設が林立しています。特に二荒山神社と東武宇都宮駅の間にあるアーケード街「オリオン通り」は繁華街の中心となっています。

そのほか、MEGAドン・キホーテ、福田屋、トライアル、カルナショッピングセンター、郊外では、FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店、ベルモール、ジョイフル本田、アピタ、カインズ、カンセキなどがあり、市中心部の商業同様に郊外部の商業も盛んです。

■宇都宮といえば餃子店。約二百軒があり、「餃子の街」として全国的に有名です。

宇都宮の餃子は、野菜中心で、お肉やにんにくが控えめなところが最大の特徴です。有名店だけでも、「宇都宮みんみん 」「 まさし(正嗣) 」「宇都宮の夢餃子」「宇都宮餃子館」「宿郷」などが挙げられます。

「みんみん」は、宇都宮市内を中心に13店舗展開しており、「宇都宮餃子といえば『みんみん』」と言われるほどの有名店です。基本メニューは「焼き餃子」「水餃子」「揚げ餃子」の3種類。味良し!値段良し!言うことなしの宇都宮の定番の味です。

  • ▲東武百貨店
  • ▲ララスクウェア宇都宮
  • ▲餃子の皮に包まれたビーナス「餃子のビーナス」

自然・公園

<鬼怒川と鬼怒川緑地公園>

鬼怒川は関東平野を北から南へと流れ利根川に合流する一級河川。全長176.7kmで利根川の支流の中で最も長い川となります。鬼怒川水系の豊富で上質な水は都宇都宮市の水源となっており、上水、灌漑用水として利用され、市民の都市生活および流域の米産やほか農業や工業にも広く利用されています。宇都宮市で盛んな飲料製造業は鬼怒川の清水に拠るものです。

鬼怒川緑地公園は新鬼怒橋の下流側にあり、宇都宮市の緑地と運動公園の都市基幹公園として指定されています。鬼怒川を挟んで西側には、野鳥観察や水辺のせせらぎ散策などが楽しめる「緑にふれあうゾーン」や「バーベキュー広場」があり、家族連れでアウトドアを楽しめるエリアになっています。バーベキューエリアは、予約不要の先着制、無料で使えるので気軽に家族で楽しめます。また新鬼怒橋に近い川の東側は、石井緑地と呼ばれており、野球場や多目的広場が整っています。

<山のハイキング>

宇都宮観光協会主催で、カタクリの咲く古賀志山を観光ボランティアがご案内しています。カタクリのほか、山つつじなどの季節の花も楽しめます。天候が良ければ、富士山を眺めることも可能です。その他、羽黒山や飯盛山、半蔵山や鞍掛山など多くの山があり、ハイキングが楽しめます。また、それらの山々には多くのゴルフ場も建っています。

<道の駅「ろまんちっく村」>

道の駅の達人が選ぶ「行列のできる道の駅」。東西5つを厳選する中で選ばれた行列のできる道の駅です。人と地域と豊かな里山にふれあう道の駅で、 46ヘクタール(東京ドーム10個分)という広大な面積の中に、農産物直売所や地物の食材が楽しめる飲食店だけでなく、体験農場や森遊び、ドッグラン、温泉やプールに宿泊施設がある滞在体験型ファームパークです。「農と食」によるおもてなしと里山農村の故郷の「やさしい時間」にあふれています。

  • ▲鬼怒川
  • ▲鬼怒川緑地公園
  • ▲古賀志山

宇都宮市の大地震発生確率

政府の地震調査建機裕推進本部の「全国地震動予測図2016年版」によると、宇都宮市の大地震発生確率は13%で、東京中心部47%や千葉市85%、横浜市81%、水戸市81%に比べて著しく低く、「首都圏の主要としては一番安心な都市」と言えます。
また、首都圏に大地震が起きた時に、水道・電気など生活に必要なインフラが早期に使える見込みが高い都市としても注目されています。それでいて都心まで2時間以内で通えますので、移住先として考える人も増えています。

地域別の大地震発生確率(2016年)

アルネットホームは、埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県を中心に展開する新築一戸建て、完全自由設計の注文住宅ブランド。宇都宮市の地域に密着し、お客様が理想に描く「夢の新築一戸建て」をカタチにいたします。

お家づくりのスタートはカタログ請求から。 アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

お家づくりのスタートはカタログ請求から。
アルネットホームのこだわりをぜひご覧ください!

栃木県の人気エリアで
注文住宅を考える

栃木県の人気エリア・都市の住宅事情、周辺の建築実例、住宅展示場をご紹介しております。

注文住宅のスタートは資料請求から。家づくりをサポートする様々なカタログを無料でお送り致します

注文住宅のスタートは、
資料請求から。
家づくりをサポートする様々な
カタログを無料でお送り致します

カタログ請求
カタログ請求
展示場一覧
展示場一覧
お問い合わせ
お問い合わせ