NEW!! 【熊谷展示場】”ねんねアート”撮影会開催※予約優先

Analyst Watch[アナリストウォッチ]

住宅アナリスト「松沢 博」氏に聞く最新の住宅事情
住宅購入にどのくらいの費用が必要なの?

住宅を購入する時にかかる費用は、物件費用と住宅ローンを組む金融機関・商品などにより様々です。
今回は2,000万円の注文住宅をフラット35年住宅ローンで購入する事例で計算してみます。

①売買契約の時
契約書の印紙代 1.0万円

②住宅ローンを組む時 85万円
印紙税 2万円 (ローン申し込み金銭消費貸借契約書に貼付する額)
融資手数料 3万円 (金融機関により異なります。場合により数十万円の場合もあり)
保証料 0万円 (フラット35以外は45万円程度の保証料がかかる場合もあり、金融機関・商品により異なります)
火災保険料 19万円 (保険会社により異なります)
地震保険料 10万円 (保険会社と建築するエリアにより異なります)
団体信用保険料 6万円 (民間住宅ローンは無料の場合もあり)

③税金・登記など 23万円
登録免許税 5万円 (登記費用で建物所有権保存登記と住宅ローン抵当権設定登記)
司法書士報酬 10万円(司法書士への報酬で業者により変わります)
固定資産税 5万円(物件の引き渡し日により日割り計算するので、物件固定資産税額と引き渡し日により金額が変わります)
不動産取得税 3万円 (非課税対象により変わります)

④引っ越し
引っ越し代 20万円 (業者や量や引っ越しの作業内容により変わります)

⑤インテリア・家電 60万円
カーテン 10万円 (設置する場所と購入する商品により変わります)
エアコン 20万円 (購入する商品と数量により変わります)
キッチン収納家具 10万円 (購入する商品により変わります)
冷蔵庫・洗濯機 20万円 (購入する商品により変わります)

⑥住宅設備関連 フロアーのワックス 20万円 (施工内容・業者により変わります)
カーポート 20万円 (商品・業者により変わります)

以上の費用が住宅購入時にかかる費用として考えられますが、税金や住宅ローンなど必須支出項目の合計で約65万円の費用がかかります。

住宅ローンの費用が大きいため、住宅ローンを扱う各金融機関でかかる初期費用についても、比較し検討することが必要です。

*********************************************************
お家を建てる前に、気になる住宅ローンなどの資金計画。
*********************************************************
アルネットホームでは、その人に合った最適なプランを無料でご案内いたします。ローンのこと、間取りのこと、土地のことなどお気軽にご相談ください。

資金計画などご相談フォーム

展示場のご案内

アルネットホームとは

注文住宅のスタートは資料請求から。家づくりをサポートする様々なカタログを無料でお送り致します

注文住宅のスタートは、
資料請求から。
家づくりをサポートする様々な
カタログを無料でお送り致します

カタログ請求
カタログ請求
展示場一覧
展示場一覧
お問い合わせ
お問い合わせ